畑のようす 『弘前ふじ』の収穫がはじまりました!販売もまもなく開始(平成20年9月22日)

 「サンつがる」に続き、「弘前ふじ」の収穫がはじまりました。

 りんごの下に敷かれているシートは、そのまんまですが「シルバーシート」と言います。りんごは陽の光があたることによって光合成が活発に行われ、果実の肥大や着色が進みますが、陽の光だけだと全体にまんべんなく光を当てることはできません。そこでシルバーシートを敷き、太陽光線を乱反射させてりんごの樹全体に光が当たるようにし、光合成を促しているのです。

弘前ふじアップ 弘前ふじ全体像

 シルバーシートを敷く作業は結構過酷です。天気の良い日なんかは、上からも下からも光を浴びるため、暑くてたまりません。かといって天気が悪ければ良いのかというとそうでもなくて、特に雨なんかが降ってしまうと、シートが重くなってこれまたしんどい重労働へと早変わり。りんごのためとはいえ、なかなか大変なのです(^^;) そうそう、色づけが終わったあとの撤収作業も大変です。そのまま敷きっぱなしという訳にはいきませんからね。

 余談ですが、私(長男)が小学生の頃、友人が台風の日にシルバーシートの作業をしていたら、強風にあおられて空を飛んだという話がありました。いったい何メートル飛んだのか、そもそも本当なのか嘘なのか、今となっては記憶が曖昧ですが、シートの大きさと子供の体重を考えると、自分が大学時代に専攻していた流体力学的(笑)見地において、飛ぶのも不可能ではないなぁという気がします。ちょっと夢がある話ですよね~(?)

 さて、今回ご紹介した弘前ふじですが、9月25日より販売を開始します。11月中旬に収穫される「ふじ」と同じ名前がつけられていますが、「ふじ」が濃厚でコクがあるのに対し、「弘前ふじ」は”濃厚”というよりは、食べた後の”爽やかさ”が特徴的なりんごです。個人的には、バランスのとれた非常においしいりんごだと思っていますので、興味のある方は是非召し上がってみてください。

 さらに!例年より早いですが、要望が多いりんごジュースの販売も開始します。いつもは「ふじ」をベースにしたりんごジュースしか販売しないのですが、今年は初めて「サンつがる」をベースにしたジュースも作ってみました。いつものジュースと比べるとあっさり・サッパリという感じですが、爽やかなりんごジュースが好きな方にはオススメだと思います。是非冷やしてお飲みください(ただし氷を入れるのはお勧めしません)。

サンつがるりんごジュース(箱付き) サンつがるりんごジュース(アップ)

 なお、ご覧のとおり、今年からりんごジュースのラベルになぜか自作の絵が採用されることになりました(園主の独断により)。こんな絵がラベルに描かれていて誰かに不快感を与えないか心配ですが(笑) 何はともあれ、作者は「ビンりんご君」のメジャーデビューを喜んでいます(^^)


このページの先頭へ