畑のようす 実すぐり(平成21年6月21日)

 ゆるゆる農民通信は月一ペースで配信していたのに、畑のようすの方の更新を忘れていました(^^;)すみません。

 自分がぼんやりしている間にすっかり時は流れ、りんごは花を通り越して果実になってしまいました。りんごの花の様子は、是非ゆるゆる農民通信のページをご覧ください(笑)

春の岩木山

 上の写真は、今年度から当園ふじりんごのオーナーとなられたニコさんの木です。本人の了解を得て掲載しました。写真手前の赤茶色のりんごの実が見えるでしょうか?

 現在、果樹園では、実すぐり(摘果)作業の真っ最中です。りんごはひとつの株に複数の花が咲き、そのまま実になるのですが、このまま放っておくと栄養分が分散してしまって、大きくて美味しいりんごになりません。そこで、ひとつの株につきひとつの実がなるように、不要な実をすぐってしまいます。基本的には中心花の実を残します。以下に、実すぐり前と実すぐり後の写真を載せてみました。こんな感じで不要な実が手作業で落とされるわけです。

実すぐり前
<実すぐり前>

実すぐり後
<実すぐり後>


このページの先頭へ