タコ帽子(平成23年3月21日)

 選定作業の様子です。

 この作業は、りんごが日光を十分に受けられるようにすること、収量を調整することなどを目的に行っています。

 園主が被っているのは「目だし帽」ですが、青森(北海道も?)では「タコ帽子」と呼ばれています。タコ帽子と検索しても、全く実物がヒットしなかったことにはショックを受けました。

 この写真、ある塾で、教材(クイズ)として使用していただいたそうです。子供たちは、「こんな怖いものをかぶって作業するなど想像できない」、「そんなのありえない」という反応だったそうですよ。お役に立てて良かったです。

選定作業1

選定作業2
選定作業のようす


このページの先頭へ