くどう果樹園のご紹介

 青森県弘前市北部でりんご農業を営んでいる個人農園です。

 当園の主力品種は11月頃から収穫がはじまる「ふじ」ですが、それ以外にも8月から11月末において、「未希ライフ」、「つがる」、「弘前ふじ」、「ジョナゴールド」、「王林」など、様々な品種のりんごを栽培しています。

 当園では、これらのりんごを使った100%生しぼりジュースも販売しています。市販の濃縮還元りんごジュースでは味わえない飲み応え・豊かな甘み・コクが好評です。

品種名 収穫時期 特 徴
未希ライフ 8月下旬 早生種ですが真っ赤なりんごに成長します。甘酸っぱい味わい。
つがる 9月中旬 酸味はほとんどなく、やや甘めのりんご。果肉はやや柔らかめ。
弘前ふじ 10月上旬 甘みと酸味のバランスが良いりんご。ふじよりは甘くない。
トキ 10月上旬 青りんご。味はかなり甘く、まったりと甘い香りがする。果肉は柔らかめ。
ジョナゴールド 10月下旬 一般的なりんごと比較すると酸味が強め。果肉はやや固くパリッとしている。
王林 11月上旬 標準より甘めで、バナナのような甘くて優しい香り。果肉はやや柔らかめ。
ふじ 11月中旬 甘みと酸味のバランスが良く、一般的に多くの方に好まれている品種。
果肉はやや固め。冷暗所に保存するとかなり日持ちします。

くどう果樹園 園主紹介

 りんご栽培のキャリアは30年を越えましたが、その半分近い十数年間もの間、「ふじ」の育ての親である斎藤昌美先生に師事しました(斎藤先生は残念ながら既に故人です)。修行期間中は、剪定技術などのりんご栽培に関することから一人の人間としての生き方まで、多くのことを学びました。

【斎藤先生はプロジェクトXでも取り上げられました】
→2003年11月4日放送 第129回「悲願のリンゴ 伝説の職人津軽に立つ

メディア紹介

メディアでも取り上げていただきました。

  • 2010年12月・・・「R25」でオーナー制度が紹介されました。「軽い気持ちでセレブ気分を満喫 贅沢な夢が手に入るオーナー制度入門」
  • 2009年9月・・・「FENEK」10月号でオーナー制度が紹介されました。
  • 2009年4月・・・「VISIT JAPAN CAMPAIGN」の一環で、香港テレビ局のTVB(電視廣播有限公司)から取材を受けました。

このページの先頭へ